スタンフォード式 最高の睡眠法(西野精治)

オススメ度★

本屋で少し立ち読みして、これは早めに読んで置いたほうがいいかなと感じたため読んでみた。

睡眠の効果、眠りやすくする方法、起きる方法、眠気についてTIPSが書かれており、まぁまぁ参考になった。眠る時間を固定化したほうがいい理由など、自分がなんとなく感じていたことが書かれていたのでスッキリした。ただ、寝始め90分の質を上げることが最重要とのことだが、質がなんなのかと、推奨している方法でなぜ質が上がるのかのメカニズムが気になった。参考文献を見たら書いてあるのだろうか?

https://www.sunmark.co.jp/book_files/pdf/stanford.pdf

しかし、最近の自分はかなりリズム良く生活できているなぁと感じた。10年前ぐらいに読んだ「残業ゼロの仕事術」以降、時間を区切ることを意識するようになったのが大きい気がする。今後も続けていこう。

メモ

  • 深部体温が下がり、皮膚体温が上がることだよく寝れるp114
  • 就寝90分前に入浴すると0.5度上がった深部体温がちょうど元に戻り、その後下りやすくなるので、眠りやすいp129
    • 時間がなければシャワーかぬるま湯で体温上昇を減らす
  • 炭酸泉はさらに深部体温を上げるので良いp134
  • 湿度が高いと発汗しなくなり、手足からの熱放散が妨げられ、眠りにくくなるp141
  • 目覚ましは20分おきに2回で1回目は小さく短くp178
    • 朝方はノンレム睡眠が20分なのでレム睡眠で目覚める確率が1.5倍
  • いつも寝る時間の2時間前から直前までが一番眠りにくいp160
0

コメントを残す